V博開催延期とオンライン化について

「V博2022 in TOKYO」について、開催を目指し調整と検討を進めてまいりましたが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が再び感染拡大している現状を踏まえて、「東京都立産業貿易センター 浜松町館」でのリアル会場での開催を延期させていただく判断となりました。

 

●延期の背景について


・過去の新規感染者数の推移を見ると、感染者数が増え始めてから1〜1.5ヶ月後にピークを迎えており、イベントの実施日に直撃する可能性がある。

・今後都道府県を跨ぐ移動に対して制限が発生する可能性もあり、他県と比べて特に感染者数の多い東京都での実施は、他県からの参加ハードルが極端に上がってしまう。

・XR/VTuber/メタバースの分野は、実際に体験することがコンテンツの楽しさを理解する一番の近道で、そのきっかけを作ることがV博の目的だったが、来場者の参加困難が予見される状況では開催意義が薄まってしまう。

 


●リアル会場での開催延期について

今後については状況に応じて検討してまいりますが、7月にリアル会場での開催を目指しております。


●今後について


2月12日(土)〜13日(日)の開催について、オンライン上のみでの開催で検討を行なっております。

Zoomを利用してVTuberと1対1で話せる「ネットおしゃべリフェス」を中心に、オンライン上でのブース出展など企画を再検討して実施予定です。